iPadの賢い使い方



トップページ >解約について> iPad/iPad miniを解約の際に最も注意すること

iPad/iPad miniを解約の際に最も注意すること

iPad/iPad miniを解約する為に、最寄のショップへ手続きにいくとSIMカードの返却を求められます。
しかし、 Appleのサポートコミュニティでは、「アクティベーションするときだけでもSIMは入れる必要があります」とハッキリ書かれており、SIMが挿し込まれていないiPadだと、アクティベーションできない可能性が・・・なるべくなら返却せずに手元においておくようにしましょう。

アクティベーションとは
iPadの機能を有効にする作業のことであり、今回の場合は、復元や初期化、更新をする際に必要な作業になります。
作業内容は、iPadを購入した際に一番初めに行った初期設定と同じ。

幾ら、通信を解約したところで、Wi-Fi機能は生きています。
これからも、Wi-Fiモデルと同じ使い方が出来ますから、予期せぬトラブルが起きたときに、バックアップしたデータを復元することもあるハズ。これが出来ないとなると一大事ですね。

これから解約を考えている方には、気をつけていただきたい所ですが、問題は解約済みの方。

もし、SIMカードを返却してしまったのなら

アクティベーションは別の方法でも可能。
実は、以下の方法でも、アクティベーションはできます。

他のSIMを使う
周りの誰かからiPadのSIM借りて、自分のiPadに挿し込めば、一時的にアクティベーションは可能です。

アクティベート専用のSIMを購入
このようなトラブルが多いせいがあってなのか、ネットオークションや通販でアクティベート専用のSIMが販売されています。
これを購入して、iPadに挿し込むことで、アクティベーションは可能です。


よくよく調べると脱獄(Jailbreak)して回避する方法もあるそうですが、ちょっと高度でここではオススメできません。
気になる方は調べてみてください。

一番の方法はやっぱり、解約時に介してもらうこと。これが今後も安心して使えます。
アクティベート専用のSIMを購入するのは、あくまでも最終手段に。
保証外の作業ですから、万が一故障が起きてもショップでは対応してくれません。
このように書くと、アクティベート専用のSIMは危ないというイメージが付きやすいですが、そうではないのでご安心を。

まあ、元はといえば、SIMを返してくれないショップのせいでこの様な事態になっているのに・・・

解約時に、SIMカードの返却を求められたら、これからも使うことをしっかり定員さんに説明して、返してもらいましょう。
もし、どうしても返却をしなければいけないという事でしたら、先ほどの方法を試してみてください。


Clip to Evernote Page Top ▲