iPadの賢い使い方



トップページ >お役立ち情報> iPadをウルトラブックのように使う

iPadをウルトラブックのように使う

iPadを持っていると、「これをウルトラブックのように使いたい」と思いませんか。

ウルトラブックの様にするには「キーボード」「マウス」が用意できれば、それらしくなりますね。

では、実際にはどうにすればよいのか?
下調べをしていると、重要なポイントを1つ発見!なんと・・・

iPadでは、マウスは使えない

厳密に言えば、"脱獄"(Appleの認可を受けていないアプリケーションをインストール可能にする行為)をすれば、利用できるとの事でしたが、そこまでは・・・
なので、キーボード選びに集中することにしました。

キーボードもいろいろあるのですが、見れば見るほど「LOGICOOL(ロジクール)」いいですね!

なにせ、

スマートでスタイリッシュ!



そのままカバーにも!


今回紹介しているのは磁石でくっつくタイプで、iPad2、第3世代のiPad、第4世代のiPad用のもの。

ショートカット入力に対応


あると以外に便利な機能。
コピー、ペーストなどショートカットで楽に作業できます。

ロジクールのキーボードを購入すると、おしゃれなカバーとキーボードが一気に手に入れた感じになりお得感がありますが、なにより、キーボードをつけるだけでこんなにも文字入力がスムーズになるかと驚きます!

結局、完全にウルトラブック化はできなかったですが、満足の行く仕上がりになりそう。

「iPadが、キーボードを打てる様になっただけで十分、マウスまで使えるようになればiPadの良さであるタッチ操作が意味がなくなってしまう。」と、これくらいの認識で十分ではないでしょうか。


LOGICOOL ウルトラスリム キーボードカバー TK710WH

関連記事

Clip to Evernote Page Top ▲