iPadの賢い使い方



iPad/iPad miniでiCluodがバックアップできない

iCluodにiPadのデータをバックアップしようとしたら、「Not Enough Storage」の表示が出てバックアップできない!なんてことはありませんか?

これは、iCloud内の容量がなくなった証拠。

「えっ、そんなに容量が多いはずが無いのに」という方は、実際にどれくらいの容量がバックアップされているか確認しましょう。


iCluodにバックアップできないときの対処法

【設定】→【iCloud】→【ストレージとバックアップ】→【ストレージを管理】

これで、ストレージの詳細情報が表示されます。

データの中にかなりの容量を占めているアプリなどはありませんか?

【すべてのAppを表示】からアプリのバックアップのオン・オフができるので容量オーバーにならないように設定してください。

無料でiCluodをお使いの場合は、5GBまでに収めればバックアップが正常に行われます。

どうしても、iCluodで5GBを超えるデータをバックアップしたい場合は、有料になりますが容量を追加するか、パソコンにバックアップしましょう。



Clip to Evernote Page Top ▲

iPad/iPad miniを使うならiCluodも設定しよう

iCluodは大切なデータをインターネット上に保存してくれる便利なサービスです。
これを利用しないなんてもったいない!

iCluodの便利な機能
・バックアップ
・専用メール
・カレンダー他

セットアップの際に、iCluodを設定していない方は今からでも設定しておきましょう。


設定方法

【設定】→【iCloud】→【Apples IDとパスワードを入力】

これでサインインしたら、iCloud利用規約に同意をすれば利用できるようになります。

「メール」の利用や「連絡先」、「カレンダー」、「ブックマーク」など、それぞれのサービスの利用は、オン・オフで設定してください。
バックアップは、「ストーレージとバックアップ」から、「iCloudバックアップ」をオンに切り替える事で利用できます。

パソコンを持っていなくても、また、いちいちパソコンとiPadを接続しなくても、バックアップができるので、バックアップ機能はオンにしておくことをオススメします。

ただし、無料で使用できる容量は、5GBまで。
それ以上は、10GB追加(合計15GB)すれば、年間:1,700 円の様に有料となります。

iPad/iPad miniのセットアップの際にiCluodの設定もあるので、すでに設定している方も多いとは思いますが、スキップされた方は、いつでも設定できるのでお試しください。



Clip to Evernote Page Top ▲





iPadの最新情報はこちらからでもご覧いただけます。
にほんブログ村 PC家電ブログ iPadへ