iPadの賢い使い方



トップページ >最新ipad・mini情報> iPad Proの魅力に迫る!

iPad Proの魅力に迫る!

ようやく「iPad Pro」のオンライン販売が開始されました。

気になる販売価格は

32GB Wi-Fi
94,800円
128GB Wi-Fi 112,800円
128GB Wi-Fi+Cellular 128,800円

と、少しお高めになっています。

過去最大の大きさとなるiPad Proですが、どのように進化したかをみていきましょう。


ディスプレイの大きさ

まずは、大きく変わったサイズから。
iPadProのデザインが従来のものと変わらないだけに、大きくなったという印象がより強く残ります。

iPad Air2のディスプレイは9.7インチだったのに対しiPad Proは12.9インチ、これは78%もの大きいディスプレイ面積になるそうで、タブレットとしてはかなりの大きさですね。



専用アクセサリ

iPadProでは、専用の純正アクセサリが発売されています。

まずは、iPadでは初の純正スタイラスペンとなる「Apple Pencil」。
今まで指での操作にこだわっていたiPadでしたが、いよいよ純正のスタイラスペンの登場です。

先端は傾きと圧力の両方を感知、ペンの傾きや力によってラインの表情が変化します。
その使い心地は、市販されているほかのスタイラスペンよりも、圧倒的すると好評です。

もう1つは、キーボード。
スマートキーボードは、スライドさせるだけで自動で認識し切り替わります。
充電も本体から供給されるので必要なし。

非常に薄いながらも打感はしっかりあるので、「打ちにくい」という感じがしません。

こちらもかなりの高評価。

この2つを使うだけでも、「Pro」を選ぶ価値があるというものです。



そのほかの気になるところ

その他の気になる点をピックアップすると、

CPU
第3世代A9Xチップを採用し、iPad Air2と比較しても2倍も高速化など性能が上がったのは言うまでもありません。

解像度
ディスプレイが大きくなると気になるのは解像度ですが、ディスプレイの解像度は2732×2048で、Retinaディスプレイよりも高解像度ということになります。

バッテリー
miniやAirと同じ10時間位のバッテリー持ち。

サウンド
従来のモデルが、スピーカーを2つ搭載しているのに対して倍の4つも搭載
「iPad Air」の3倍の音声出力となります。



MacBookの代わりとなるか

性能も上がり、アクセサリも充実。
「こうなれば、MacBookの代わりとしても使えるのは」と思ってしまいます。

確かに、MacBook Airの11インチモデルと同じような大きさであり、スペック的にも十分ノートPCとしての役割を果たすと思います。

しかし、マウスが使えるわけではありませんし、OSも異なります。

個人的には、
「iPad以上、MacBook未満」という立ち位置であり、MacBookの延長上としての使い方には、まだまだといった感じでしょうか。

アプリケーションの充実など、これからの展開にも期待ところですね。



こんな人におすすめ!

「Pro」という名の通り、よりクリエイター向きの仕様になったことは間違いありません。

それでも大画面により、雑誌なら1ページをほぼ原寸大、コミックなら見開き(2ページ)で表示されるので、拡大・縮小のわずらわしさはありません。

また、そのスペックからゲームも快適であり、搭載された4つのスピーカーから迫力あるサウンドにより更にゲームを盛り上げます。

このように、iPad Proならではの楽しみ方もあるので色々使いこなしてみてください。





関連記事

Clip to Evernote Page Top ▲