iPadの賢い使い方



トップページ >格安SIMで通信費を節約> SIMフリー版iPadに使いたいSIM3選

SIMフリー版iPadに使いたいSIM3選

国内でもSIMフリーのiPadが発売されたことにより、通信サービスを選べるようになりました。
しかし、会社により料金や通信容量が違うので、どこを使えばよいものか迷ってしまいます。

基本、SIMフリーですからどんなSIMでも良いわけですが、選び方を間違うと・・・





失敗しない格安SIMの選び方
ポイント①:回線はドコモを選ぶ
格安SIMにはデータ専用と音声付きがあり、SIMフリーiPadで利用するなら一般的にはデータ専用と音声付きより料金は安くなります。
また、ドコモ回線を利用したドコモ系の格安SIMとau回線のau系と2つあるのですが、もちろん、どちらも使えます。

ドコモ系だと色々なプラン・サービスがあるので、自分好みのものが見つかるでしょう。
一方で、au系を扱う事業者は、今のところ2社のみ。

どちらかというとドコモ系の方が使い勝手は良いです。

【ドコモ系の特徴】
・使える機種が多い
・格安SIMを提供する事業者が多い
・一通りの機能が使える


【au系の特徴】
・プラチナバンドで電波が届きやすい
・テザリングが使えない
・格安SIMを提供する事業者が少ない
・使える機種が少ない


ポイント②:通信速度を1番に考える
どちらにも共通して言えることは、"スピードを重視して選ぶ"こと。
料金が安い分、期待している程スピードは出ませんので、なるべくならスピードの評価が高いMVNOから選びましょう。


ポイント③:SMSは付ける
SMS(ショートメッセージ機能)は追加料金がかかりますが、LINEなどSNSをよく利用する方はつけておいた方が無難。
機種によってはSMSが出来ないのでご注意ください。



SIMフリー版iPadおすすめSIM

1位:DMMmobile
IIJmio系のMVNOで速度に定評あり

通信速度には定評があるIIJmioの流れをくむDMMmobile。
「だったらIIJmioでいいじゃん!」と思うかもしれませんが、サービス内容はほぼ同じなのにDMMの方がコスパが高い。速度もこちらの方が出ています。

【参考】
高速データ通信プラン
データ専用 480円/月~
SMS 150円/月
DMMmobileの申し込みはコチラ

DMM mobile 公式サイトへ



2位:mineo
ドコモ回線、au回線のどちらも使えるマルチ回線を採用

mineoならどちらの回線も利用しており、回線を変えたい場合の手続きもMVNOを乗り換える必要もないので簡単。
どちらのSIMも使えるSIMフリー版iPadにはピッタリのMVNOですね。
ただ、速度が速い・料金が安いなどは、DMMに分があります。

【参考】
高速データ通信プラン
データ専用 800円/月~
SMS 無料
mineoの申し込みはコチラ

mineo(マイネオ) 公式サイトへ



3位:NifMo
混雑する時間帯にも安定した速度

速度が出にくい夕方や夜でも安定した速度が出ます。
流石に、お昼の時間帯もという訳にもいきませんが、速度は出る方だと思います。コスパ的にはDMMに敵いませんが、おすすめの格安SIMの1つです。

【参考】
高速データ通信プラン
データ専用 640円/月~
SMS 150円/月
NifMoの申し込みはコチラ

NifMo(ニフモ) 公式サイトへ




Clip to Evernote Page Top ▲