iPadの賢い使い方



ユニバーサルアプリとは

AppleのモバイルOS「iOS」を搭載している"iPhone""iPad""iPod Toach"の全てに対応しているアプリの名称。(IT用語辞典より

例えば、iPhone専用のアプリがiPadで動くとしても、iPadでは荒い画像が表示されるケースもあります。
これはiPhoneとiPadの画面の大きさが違うために、iPhone用の画面を無理やりIpadの大きさに合わせているためです。
他にも、その機器ならではの機能を追加したりなど、インストールされた機器を判断して、最適な表示・機能を使えるようにします。

一度購入したユニバーサルアプリは、お手持ちのiPhone・iPad・iPod Toach、それぞれにインストールすることも可能。



Clip to Evernote Page Top ▲

iPad/iPad miniの同期とバックアップの違いって何?

iPad/iPad miniをパソコンに接続すると同期やバックアップが行われます。
どちらも、データをやり取りしているように感じますが、この違いは何なのでしょうか?

それぞれの目的について、見ていこうと思います。


バックアップ
パソコンと接続するたびにiPadのデータを保存します。(設定で毎回バックアップをキャンセルすることも可能)
不具合を生じたときなど、データを別の場所に保存しておいて失わないようにする目的のもの。
まめにバックアップしないと、かなり過去にバックアップした状態に戻る羽目になる場合も。
新しいiPadにデータを移行したい場合などもこちら。

同期
パソコンに接続した時のお互いの最新のデータを保存します。
パソコンのデータとiPadのデータを、どちらも同じ最新の状態にする目的のもの。
これにより、データを一元管理する事ができます。
iPadの内容を変更すれば(設定の変更、アプリのインストールなど)、接続するたびに最新のデータに書き換えられます。
例えば、パソコンで使っているメールアドレスが変われば、同期したときにiPadのメールアドレスも変更。
いちいちiPadのメールアドレスを変更しなくてもいいのです。(パソコンのメールソフトと同期した場合)
iPadの他にも、iPhone、iPodを持っていれば、パソコン、iPad、iPhone、iPodを同期することによって、同じ内容のものにしてくれます。
同期できるものはお好みで選択できるので、共通にしておきたいデータだけ選択すればOK。

こうみると、同期がちょっと分かりづらいですかね?

バックアップはできる限りマメに、iPad以外にパソコンやその他のアップル製品をお持ちの場合に同期はオススメです。



Clip to Evernote Page Top ▲

iPadの定額プラン・通信量の7Gバイトは、どれ位?

「データ定額プランを契約しているから幾らネットをしても大丈夫!」

と思ってしまいますが、各キャリアでは、
「月の利用データ量が7GBを超えた場合、通信速度の制限がかかります」

iPadでも例外ではなく、7GBを超えると通信制限がかかり速度が極端に落ちてしまいます。
これは避けたいところですね。

では、具体的に7GBではどれ位のことができるでしょう。

パケット数に換算すると

7GB=58,720,256パケットだそうです。

ちょっとピンときませんが、ソフトバンクでは、7GBのパケット通信量でどこまで利用できるのかの目安を公開しているので、そちらも参考にしてみると・・・

月にできること
・メールの送受信...およそ1,870万通
・ホームページ閲覧...およそ50,600ページ
・動画視聴...およそ33時間
・音楽のダウンロード...およそ1,790曲
・50MBのアプリDL数...およそ143個

月にこれ位の事ができるのなら余裕な感じがしますね。

では、これを1日の目安で換算すると

1日にできること
・メールの送受信...およそ62万通
・ホームページ閲覧...およそ1,687ページ
・動画視聴...およそ1.1時間
・音楽のダウンロード...およそ60曲
・50MBのアプリDL数...およそ4.7個

おや?

動画の視聴が約1時間・・・

ポイントは、この動画の視聴!

最近では、高画質の動画も増えてきていますから、思っているより通信量がかかってしまいます。
動画ユーザーは、なんとも微妙な感じですね。

また、SoftBankだと、便利なテザリングも2年間は無料ということなので、使い過ぎると超える恐れも。

余裕のある通信料量だと感じる7GBですが、使い方によっては超える可能性はあります。



Clip to Evernote Page Top ▲

帯域制限とは

帯域はデータが移動する道路のようなものです。
1人のユーザーが大量のデータを通信すると、回線が混雑し他のユーザにも迷惑がかかる事に。
この回線の交通渋滞を避けるために、1人あたりの通信量に制限を設けることを帯域制限といいます。
帯域制限になると、通信速度が極端に落ちることになり、翌月まで待つか追加料金を払うかで速度が戻ります。

データ通信サービスを提供する会社は、UQコミュニケーションズのWiMAX以外は設けています。

WiMAXだけ帯域制限が無いのは、回線のすべてをデータ通信に使っているために余裕があるから。
他の会社では、携帯の回線とデータ回線を分け合って使っているために帯域制限を設けているのです。



Clip to Evernote Page Top ▲

メールアカウントとは

契約したプロバイダにアクセス(接続)する際の権利です。
権利を得ると、ユーザIDとパスワードが割り当てられメールの送受信が可能となります。

Clip to Evernote Page Top ▲

Cellular(セルラー)とは

iPad2では、Wi-FiモデルとWi-Fi+3Gモデルがありましたが、iPad mini、iPad Retinaディスプレイモデルでは、Wi-FiモデルとWi-Fi+Cellularモデルとなりました。
3GからCellularへと変わったわけですが、Cellularとは何なのでしょうか?

Wi-Fi+Cellularモデルは、以前にはWi-Fi + 4Gモデル」と表記されていました。
つまり、4GがCellularに変更になったわけですが、その理由として、「4Gの名称だと誤解を招く事があるのを避けるため」、「3GとLTEという電波を含むため」と考えられます。(アップルでは正式なコメントを出していません)

ちなみに、このCellilarモデルは「ソフトバンク」と「au」から出されています。
それぞれ料金体系が違いますのでご注意ください。


Clip to Evernote Page Top ▲





iPadの最新情報はこちらからでもご覧いただけます。
にほんブログ村 PC家電ブログ iPadへ