iPadの賢い使い方



トップページ >よくある質問> iPad/iPad miniの同期とバックアップの違いって何?

iPad/iPad miniの同期とバックアップの違いって何?

iPad/iPad miniをパソコンに接続すると同期やバックアップが行われます。
どちらも、データをやり取りしているように感じますが、この違いは何なのでしょうか?

それぞれの目的について、見ていこうと思います。


バックアップ
パソコンと接続するたびにiPadのデータを保存します。(設定で毎回バックアップをキャンセルすることも可能)
不具合を生じたときなど、データを別の場所に保存しておいて失わないようにする目的のもの。
まめにバックアップしないと、かなり過去にバックアップした状態に戻る羽目になる場合も。
新しいiPadにデータを移行したい場合などもこちら。

同期
パソコンに接続した時のお互いの最新のデータを保存します。
パソコンのデータとiPadのデータを、どちらも同じ最新の状態にする目的のもの。
これにより、データを一元管理する事ができます。
iPadの内容を変更すれば(設定の変更、アプリのインストールなど)、接続するたびに最新のデータに書き換えられます。
例えば、パソコンで使っているメールアドレスが変われば、同期したときにiPadのメールアドレスも変更。
いちいちiPadのメールアドレスを変更しなくてもいいのです。(パソコンのメールソフトと同期した場合)
iPadの他にも、iPhone、iPodを持っていれば、パソコン、iPad、iPhone、iPodを同期することによって、同じ内容のものにしてくれます。
同期できるものはお好みで選択できるので、共通にしておきたいデータだけ選択すればOK。

こうみると、同期がちょっと分かりづらいですかね?

バックアップはできる限りマメに、iPad以外にパソコンやその他のアップル製品をお持ちの場合に同期はオススメです。


Clip to Evernote Page Top ▲