iPadの賢い使い方



iPadが充電が遅いと感じたら

iPadの充電が遅い・・・」と感じたことはありませんか?

これは、12WタイプのUSB電源アダプタを使うことで時間が短縮できます。


↑現在、同梱されているApple 12W USB電源アダプタ


Clip to Evernote Page Top ▲

iPad/iPad miniでiCluodがバックアップできない

iCluodにiPadのデータをバックアップしようとしたら、「Not Enough Storage」の表示が出てバックアップできない!なんてことはありませんか?

これは、iCloud内の容量がなくなった証拠。

「えっ、そんなに容量が多いはずが無いのに」という方は、実際にどれくらいの容量がバックアップされているか確認しましょう。


iCluodにバックアップできないときの対処法

【設定】→【iCloud】→【ストレージとバックアップ】→【ストレージを管理】

これで、ストレージの詳細情報が表示されます。

データの中にかなりの容量を占めているアプリなどはありませんか?

【すべてのAppを表示】からアプリのバックアップのオン・オフができるので容量オーバーにならないように設定してください。

無料でiCluodをお使いの場合は、5GBまでに収めればバックアップが正常に行われます。

どうしても、iCluodで5GBを超えるデータをバックアップしたい場合は、有料になりますが容量を追加するか、パソコンにバックアップしましょう。



Clip to Evernote Page Top ▲

iPad/iPad miniの同期ができない、認識されない

「同期できない」「iTunesに認識されない」場合は、以下のような手順で確認してみてください。

手順①
iTunesを起動しないで、パソコンとiPadをUSB接続してみる
パソコンが接続を認識していない場合、別のUSB2.0ポートに接続してみるか、USBに問題がある可能性が。

手順②
iPadのバッテリー残量を確認する
バッテリーの残量が少なければ、充電してからもう一度パソコンに接続してみましょう。

手順③
iTunesが最新バージョンか確認する
古いバージョンの場合は、新しいものをインストールすることで解決する場合があります。

手順④
別のUSB2.0ポートに接続してみる
接続しているUSB2.0ポートが反応していない可能性があります。他のポートで試してみましょう。

手順⑤
iPadの電源を切り、再び電源を入れてみる。

手順⑥
それでもだめなら、パソコンを再起動してみる

基本的な対処法になります。

これでも解決しなかったり、エラー表示が出る場合は、技術的なトラブルが発生しています。



Clip to Evernote Page Top ▲

反応しなくなったiPad/iPad miniは強制終了してみよう

画面をタップしても何も反応が無く、電源もOFFできないという状態になったら初期化!をする前に、強制終了を試してみましょう。
初期化してしまうとバックアップを取っていればデータの入れ直し、取っていなければ最悪の一からの設定に・・・


強制終了方法

iPad本体の「ホームボタン」と、「電源ボタン(上面)」を同時に長押しする

これで、強制的に電源がOFFに!

固まっていた画面が動くようになります。

これでもどうしようもない場合は初期化になるので、バックアップを取る癖はつけておきましょう。



Clip to Evernote Page Top ▲

iPad/iPad miniの適切なリセット方法

iPad/iPad miniを使っていると、動作がおかしくなるトラブルが多々あります。
このようなときに有効なのが、リセット。

リセットは、

設定】→【一般】→【リセット

と、作業自体は難しくありません。

しかし、いざリセットしようとすると6つのリセットが表示されます。

リセットにも色々あるんですね。
なので、トラブルに合わせたリセットが効果的になるわけです。

それぞれのトラブルに有効なリセット見ていきましょう。

・すべての設定をリセット
一般的な動作の不具合などに有効です。
設定は購入したときの状態に戻りますが、保存しておいた写真や入れたアプリなどのデータ類はそのまま残ります。

・すべてのコンテンツと設定を消去
初期化がこれにあたります。
購入したときの状態に戻るので、1からの設定が必要になります。

・ネットワーク設定をリセット
Wi-Fiがつながりにくいなど、通信のトラブルに有効です。
今まで設定したネットワークが全てリセットされます。

・キーボードの変換学習をリセット
間違って学習した変換のクリアに有効です。
今まで学習した言語変換が全てリセットされます。

・ホーム画面のレイアウトをリセット
ホーム画面をカスタマイズし過ぎて、おかしくなってしまったときに有効です。
ホーム画面上アイコンの並びがリセットされ、作成したフォルダが削除されます。

・位置情報の警告をリセット
アプリが増えてきて、位置情報のオン・オフ設定が面倒になってきた時に有効です。
位置情報を必要とするアプリの設定を初期化します。

初期化をしてしまうと、せっかく購入したアプリも消えてしまうので、データは、バックアップしておくことをオススメします。

これで、トラブルが解消されます。

初期化には、iTunesを使用する方法もあるのでそちらを参考にしてください。



Clip to Evernote Page Top ▲

その手があったか!iPadがつながらない原因の解決方法|3G回線・LTE編

LTEがつながらない理由にエリア外・電波が弱いなどが考えられますが、エリアが広い3G回線までつながらないとなると、設定間違い?故障などと考えてしまいます。
しかし、意外に多い原因の1つが

SIMの接触不良

SIMの接続がちゃんとしていなかった為につながらなかっただけという事も・・・

LTEならまだしも、3G回線までつながらない場合は、SIMを入れ直してみてください。
もしかしたら、つながるかも。



Clip to Evernote Page Top ▲





iPadの最新情報はこちらからでもご覧いただけます。
にほんブログ村 PC家電ブログ iPadへ