iPadの賢い使い方



トップページ >トラブル解決方法> iPad/iPad miniの適切なリセット方法

iPad/iPad miniの適切なリセット方法

iPad/iPad miniを使っていると、動作がおかしくなるトラブルが多々あります。
このようなときに有効なのが、リセット。

リセットは、

設定】→【一般】→【リセット

と、作業自体は難しくありません。

しかし、いざリセットしようとすると6つのリセットが表示されます。

リセットにも色々あるんですね。
なので、トラブルに合わせたリセットが効果的になるわけです。

それぞれのトラブルに有効なリセット見ていきましょう。

・すべての設定をリセット
一般的な動作の不具合などに有効です。
設定は購入したときの状態に戻りますが、保存しておいた写真や入れたアプリなどのデータ類はそのまま残ります。

・すべてのコンテンツと設定を消去
初期化がこれにあたります。
購入したときの状態に戻るので、1からの設定が必要になります。

・ネットワーク設定をリセット
Wi-Fiがつながりにくいなど、通信のトラブルに有効です。
今まで設定したネットワークが全てリセットされます。

・キーボードの変換学習をリセット
間違って学習した変換のクリアに有効です。
今まで学習した言語変換が全てリセットされます。

・ホーム画面のレイアウトをリセット
ホーム画面をカスタマイズし過ぎて、おかしくなってしまったときに有効です。
ホーム画面上アイコンの並びがリセットされ、作成したフォルダが削除されます。

・位置情報の警告をリセット
アプリが増えてきて、位置情報のオン・オフ設定が面倒になってきた時に有効です。
位置情報を必要とするアプリの設定を初期化します。

初期化をしてしまうと、せっかく購入したアプリも消えてしまうので、データは、バックアップしておくことをオススメします。

これで、トラブルが解消されます。

初期化には、iTunesを使用する方法もあるのでそちらを参考にしてください。


Clip to Evernote Page Top ▲