AirPods2とiPadを使ってみて便利に思った事は

AirPodsはiPhoneに接続しているというユーザーは多いですが、iPadとの相性もバッチリです!
現在は、第二世代が発売されているAirPods2とiPadの相性と使い勝手をみていきましょう。

iPadで使うAirPodsの魅力とは

iPadは大きいので、iPhoneの様に片手操作とはいきません。カバンからだすのも一苦労の時もあります。
こんな時にAirPodsならiPadをさわらなくても一通りの操作ができます。

また、iPhoneとiPadを連携させてiPadでも電話を取れるのはご存知でしょうか。
ただ、この場合、iPadはスピーカーごしに話すせいか、相手の声もそうクリアではないです。また、相手にも「よく聞こえない」と言われる事が多いです。こんな時にも便利です。

AirPods2がオススメな人

これからBluetoothイヤホンを購入予定の方なら、AirPodsは抜群に相性がいいです。少々お高いですが、予算が合うならオススメします。

初代をすでにお持ちのユーザーなら、あまり変わったようにも見られないので、買い替えるかは迷いどころですね。
バッテリーが長持ちしたところも大きいですが、非接触充電とsiriの呼び出しが自分に必要かで購入するか判断してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、自分は「タップしなくてもSiriが起動する」というだけで即決しました。
この機能の便利さについては、後でもう少し詳しくお話しようかと思います。

こんなヒトにオススメ!
・iPadで使うイヤホンを探している
・iPhoneも持っている
・Siriを操作したい

AirPods2の便利な機能

AirPods2には、まだまだ便利な機能があります。第二世代になってからは性能も上がり、より使いやすくなりました。
では、実際に使ってみて改めて便利だなと思ったら点を紹介します。

iPadで電話
先ほども少し触れましたが、iPhoneとiPadを連携させてiPadでも電話を取れるので、AirPodsを使っていればダブルタップで電話をとる事が出来ます。
これでiPadの操作中にiPhoneへ着信があった時、iPhoneへ持ちかえたり、探したりのひと手間がなくなります。

Siriの操作

Siriをタップせずに話しかけるだけで呼び出せるのは今のところAirPods2だけ。唯一無二の機能です。
音楽を再生したり、スキップ、ボリュームを上げるなどはAirPods2をタップしても操作できますが、両手が塞がっている事も多いです。こんな時に活躍するのが、「Siri」ですね。

外での音声操作はなかなかハードルが高いですが、家の中なら
iPadで電子書籍のページをめくりながら、音楽を再生したり、スキップさせる

電話をかけたい時もSiri。発動させて「○○さんに電話!」でもOK。※1
自宅に帰れば、ほとんどiPadなので連絡できるのは便利です。

※1iPadの電話機能は、以下の条件が必要です。
・iPhoneと連携させる
・同じネットワーク上にある
・同じアカウントである

ペアリングが簡単!

AirPodsとiPadのペアリングには設定が必要というイメージです。実際は近づけてAirPodsの蓋を開けるだけ。お互いに感知して接続されます。他のイヤホンだと色々と設定が必要ですから、何か物足りない気も・・・

既にiPhoneとペアリングしている場合、iPadとペアリングする必要はありません。
切り替えるだけ利用できます。

切り替えも簡単!

AirPodsをiPadとiPhoneの切り替えも簡単。

デイスプレイの下からスワイプしてコントロールセンターを開く。
右上にあるミュージック操作の囲みの右上の角をタップ
AirPodsをタップ

まとめ

自分は、少しでも安く購入したかったので、ワイヤレス充電ではない方を購入しました。
他にワイヤレス充電のデバイスがないので、今のところ不便さを感じません。でも、すでにワイヤレス充電を使っているユーザーからは「楽すぎて戻れない」とよく聞きます。

今後、スマホもワイヤレス充電対応が主流となりそうなので、これを機に購入してみるのも良いのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました