【2019最新版】iPad/iPad miniのモバイルバッテリーの選び方


iPadを持ち歩いて、怖いのがバッテリー切れ。

「残量があると思っていたのに・・・」なんて時の為に、モバイルバッテリーを1つ持っていれば安心です。

ただ、モバイルバッテリーも種類が沢山あるので、ここでは、iPadとiPad miniに注目して選んでいきたいと思います。

どれ位の容量が必要なのか

「スマホ用の持っているよ!」という方もいるでしょうが、3000mAh~6000mAh位だとiPadでは物足りません。

ちなみに、iPad Airをフル充電するには、14500mAh以上の容量のモバイルバッテリーが必要。

これは、

モバイルバッテリーの容量×0.6>iPadの容量

という式から導き出せる値なのですが、

正直、フル充電にはこだわる必要はないと思います。

ただ、目安にはなるので、各世代のフル充電に必要な容量の目安をまとめてみました。

機種
モバイルバッテリー

目安の容量
iPad(第1世代)
6600mAh
iPad 2
6580mAh
iPad(第3世代)
11560mAh
iPad(第4世代)
11560mAh
  8820mAh
iPad(第6世代) 8820mAh
iPad Air
8700mAh
iPad Air 2
7300mAh
iPad Air 3 8840mAh
iPad mini(第1世代)
4440mAh
iPad mini(第2世代)
6400mAh
iPad mini(第3世代)
6400mAh
   
iPad mini(第3世代) 5100mAh

この目安に、近いor超える容量ならフル充電になるということですね。

モバイルルーターといっても種類はたくさんあるので、フル充電できる目安の容量と自分のiPadが対応になっているかをしっかり確認してから購入しましょう。

個人的には、この3つの中から選べば間違いないと思っています。

iPad/miniにオススメのモバイルバッテリー3選

Anker PowerCore 20100

メーカー:Anker
価  格:5,499円(税込)
容  量:20100mAh

超大容量のバッテリーが5,000円台

iPad Airならフル充電も可能な大容量モバイルバッテリー。
「PowerIQ」という接続された機器に最適な電流を送る独自の機能を搭載。iPadへの急速充電が可能です。
一般的なモバイルバッテリーと比較すれば軽量化されていますが、それでも大容量とあって重い。
容量的には申し分なく、キャンプなどでも安定です。

cheero Power Plus 4 13400mAh

メーカー:cheero
価  格:5,980円(税込)
容  量:13400mAh

人気のcheeroシリーズの最新モデル
最新モデルであるPlus4は、 発売されてから品薄状態が続いています。
前モデルとの違いは、最新急速充電規格PD対応していること。
このPD対応のUSBアダプタがあれば、4.5時間でフル充電が可能。
公式サイトでも3,280円で販売されているコスパ的にもお得なモバイルバッテリーです。

Anker PowerCore 13000

メーカー:Anker
価  格:3,580円(税込)
容  量:13000mAh

大容量のバッテリーが3,000円台
iPad Air2ならフル充電も可能な大容量モバイルバッテリー。
PowerCore 20100と同じく、「PowerIQ」という独自機能を搭載しています。
2つのUSBポートを備えているので、2台同時に充電も可能。
cheeroと同じくらいの大きさと重さなので、同時に充電したい人はコチラ。

まとめ

Ankerとcheeroは、どちらも有名なモバイルバッテリーのメーカーですから、この中から選べば間違いないです。iPadの利用状況やお好みで選んでください。
ちなみに、 cheeroはデザインでいえば「ダンボモデル」も人気です。少し高くなりますが、Power Plus 4にも ダンボモデルの他、色々なデザインがあるので、デザインも重視したい方は、そちらの選択もアリです。

 

タイトルとURLをコピーしました