DVD・ブルーレイをiPadで再生する方法あれこれ

DVDやブルーレイをレンタルするよりも、動画配信サイトから購入した方が手軽ですが、データ通信量がかかってしまいます。
特にiPadの大画面でキレイな動画を見るとなるとそれなりの覚悟が必要に・・・

そこで、レンタルしたDVD・ブルーレイなどの動画をiPadで再生する方法を見ていきましょう。
いろいろな方法があるので、お好みで選んで見てください。

DVD・ブルーレイをiPadで再生する方法

iPadでDVD・ブルーレイを見る為には、これらを読み込む機器が必要となります。
これには外付けドライブを利用するか、パソコンを利用するかの2択に。
パソコンがあるなら、リモートを利用してパソコンで再生させた画面をiPadで見るか、圧縮してデータとして取り込む方法があります。

DVD ブルーレイ 画質 スムーズさ
外付けドライブ 有線 ×
Wi-Fi ×
パソコン リモート
取り込み

気になる画質の比較(DVDでの比較)は、外付けドライブを利用した方が画質が良くなります。
また、スムーズさで言えば、Wi-Fi接続を利用する外付けドライブやリモートよりも利用しない有線や取り込みの方が安定しています。
設定については、パソコンを利用するとアプリや多少の設定が必要となります。

このことを踏まえて、それぞれの特徴やメリット・デメリットを見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

これさえあれば怖いものなし!外付けドライブ

設定が簡単で初心者向きなのが外付けドライブです。
ただ、購入する必要があります。

iPadに直接接続する有線タイプとWi-Fiで飛ばすタイプがあり、最近はWi-Fiも高速通信で安定しているため、Wi-Fiタイプが人気です。

有線タイプ
通信環境左右されず安定して視聴できますが、ケーブルが邪魔で持ち運びには向かない。Wi-Fiタイプ
ケーブルよりは安定性に欠けますが、持ち運びはできる。

 

購入前のチェックポイント

この外付けドライブは種類があるので、しっかりiOS対応のものを選びましょう。
モノは大きいですが、持ち運べない事もないので外でも楽しみたいという方は、電源の確認も。
ACバッテリーなのか、モバイルバッテリーを利用できるかも確認した方が良いです。

  • iOSに対応しているか
  • 有線タイプかWi-Fiタイプか
  • Wi-Fiタイプでも有線に対応しているか
  • 充電式かどうか
  • 電源の確認

 

ブルーレイの再生はキツイ

ブルーレイの再生と言えば、レンタルで借りるようなブルーレイビデオを再生する事をイメージする方も多いのではないでしょうか。
そういう意味では、残念ながらiPad対応のブルーレイを再生できる外付けドライブは余り見当たりません。
以前は、パイオニアの「BDR-WFS05J」がmp4/m4v/mov形式の映像ファイルを再生(専用アプリODFinderは必要)出来ましたが、新しいモデルに変わり対応していません。
現在は、かなり高騰しているので手が出しづらいですが、こちらの外付けドライブを紹介します。

BDR-WFS05Jとは

「iPadでもブルーレイが再生できる」と注目されたワイヤレス・ブルーレイドライブ。
現在は販売されていないポータブルドライブ「BDR-XS05J」と、ワイヤレスドック「APS-WF01J」を組み合わせた製品です。
映像ファイルでも、通信環境によってはブルーレイが見れないという口コミも多数報告されていました。

最新のモデルは、ポータブルドライブ「BDR-XS06J」とワイヤレスドック「APS-WF01J-2」の組み合わせとなりますが、こちらはブルーレイの再生には対応していません。

なお、ポータブルドライブが「BDR-XS05J」、ワイヤレスドック「APS-WF01J-2」の組み合わせでも利用出来ます。

 

DVDの再生は

ブルーレイよりハードルは低く、種類も多いのがDVDドライブ。

既に利用しているユーザーは、どの様な外付けドライブを使っているのでしょうか。
ここでは2つの人気ポータブルDVDドライブを紹介します。

DVDミレル DVRP-W8AI

人気のDVDドライブ。
CDもパソコンなしで簡単に取り込めるので、満足度も高いです。
使用時には簡単に接続できるので、初めての方も安心。
初期設定は苦労するかも。

 

LDR-PS8WU2V

コスパに優れたDVDドライブ。
USBケーブルも付属されており、PCと直接・Wi-Fiのどちらでも接続できます。
DVD再生時と音楽CDの取り込みはスイッチで動作モードを変えなければいけないのが少し面倒。
iPadで利用するには使えないモデルもあるので、対応機種一覧をしっかり確認しましょう。

 

外付けドライブが向いている人

  • パソコンを持っていない
  • 車で利用したい
  • CDを簡単に取り込みたい
  • 充電式かどうか
  • 電源の確認

 

パソコンを利用する方法

パソコンを利用してDVD・ブルーレイを見る方法は2つあります。

1つは、パソコンで再生させ、リモートして見る方法

そして、

もう一つは、DVD・ブルーレイのデータをまるまるiPadに取り込んでしまう方法

です。

どちらも設定が必要となりハードルが高くなりますが、外付けドライブを用意する必要がありません。

リモートを利用する

リモートはiPadでパソコンを遠隔操作する方法です。

iPadでパソコンを操作してDVD・ブルーレイを再生させた動画を視聴します。
画像のキレイさやカクカク再生になる所にややストレスを感じますが、アプリさえあれば手軽に利用できる魅力があります。

あくまでも「見れる」程度のものだと思いましょう。

では、リモートとはどういうものなのか。
利用するアプリにもよりますが、ここではマイクロソフトが開発した「Microsoft Remote Desktop」で見ていきます。

設定にはホスト(操作される側)とクライアント(操作する側)の2つの設定が必要。
大体のユーザーは、ホストがWindows10、クライアントがiPadの設定をする事になります。

ホスト(Windows10)の設定

まず、Windows 10はバージョンで使える使えないがあるので確認しましょう。
利用できるバージョンは次の3つ。

  • Windows 10 Pro
  • Windows 10 Enterprise
  • Windows 10 Education

 

バージョン確認方法

[スタート(Windowsのロゴ)]→[設定(歯車のアイコン)]→[システム]→[バージョン情報]

 

設定

[スタート(Windowsのロゴ)]→[Windowsシステムツール]→[コントロールパネル]→[システムとセキュリティ]→[リモートアクセスの許可]

[リモート]→[「 このコンピューターへのリモート接続を許可する(L)」をチェック]→[ユーザーの選択]→[追加]→[オブジェクトの種類の選択にはユーザー、場所の指定にはコンピューター名が表示されているか確認]→[「選択するオブジェクト名を入力してください
」に「 コンピューター名\ユーザーアカウント名」を入力]→[OK]→[追加]→[OK]

 

クライアント(iPad)の設定

次に操作する方(iPad)を設定します。
まず、アプリ「Microsoft Remote Desktop」をインストールしましょう。

[アプリを起動]→[Add Remote Desktop]→[Connection name(任意)・PC name(接続するホスト名、あるいはIPアドレス)・User
name(接続する「ユーザー名」「パスワード」を入力]→[Connect always]

このように見ていくと、設定が苦手な人には少しハードルが高いかもしれません。
他にも、Chromeリモートデスクトップなどあるので、いろいろ試してみてください。

リモートが向いている人

  • パソコンを持っている
  • ブルーレイを再生したい
  • 見れる程度のクオリティで十分
  • 余計な出費をしたくない

 

iPadにDVDを取り込む

DVD・ブルーレイのデータをパソコンのソフトを利用してグッと圧縮。
その圧縮したデータをiPadに取り込んで再生させます。これだと持ち運びもiPad1台でかさばりません。
CDの様にiPadにどんどん取り込んでいくイメージです。

ただし、これをレンタルDVD・ブルーレイでやるとなると著作権が絡んでくるので違法となる可能性が高いです。
ですから、安心して利用できるのは自分で録画した動画などに限ります。

[方法]

[パソコンのアプリを利用してDVD・ブルーレイをデータ化しファイルとして取り込む(リッピング)]→[ファイルをiPadで転送]

ググれば、やり方は沢山出てくるので、興味のある方は。
ただし、違法となる場合もあるので、あくまでも自己責任でお願いいたします。

取り込みが向いている人

  • パソコンを持っている
  • ブルーレイを見たい
  • 持ち歩きたい

 

まとめ

iPadにはDVDやブルーレイを読み込むドライブが内蔵されていないので、外付けドライブかパソコンで代用する必要があります。
DVDを再生するなら一番簡単な方法は、有線タイプの外付けドライブ。設定要らずでお手軽です。
ブルーレイの再生は、今のところ満足できる様な製品はありません。
今後に期待しましょう。

他にも、DVD・ブルーレイをiPadで再生させるための方法が幾つかある事が分かりましたが、それぞれに特徴があり一長一短ですから、自分に合う方法をお試しください。