iPadでテレビを見るならこの方法が1番!

iPadでテレビを見るといえば、テレビチューナーを利用する方法が1番です。
ただ、方法は、この一つだけはありません。

「手軽に楽しみたい」
「TV番組の他にもCS放送も見たい」
「録画した番組を見たい」
「自宅内だけで楽しめれば!」

など、ニーズは人それぞれ。

本記事では、それぞれのニーズに対応した方法をいろいろ紹介しています。
その中から、自分にあった1番の方法を見つけましょう。

iPadでテレビを見る方法あれこれ

iPadにはテレビチューナーが内蔵されていないので、見る為には何らかの機器が必要です。

ここでiPadでテレビをみる方法を大きく分けると、

テレビチューナーを利用する
自宅の家電を利用する
アプリを利用する

などになります。

それでは、それぞれについて詳しくみていきましょう。

テレビチューナーで見る方法

テレビチューナーにも、持ち歩くタイプと自宅に設置するタイプに分かれます。

まず、持ち歩くタイプについて。
このタイプは、iPadに接続するだけで色々な場所からワンセグ/フルセグが楽しめます。
とにかく手軽に楽しみたい方にオススメ。

次に設置するタイプ。
こちらは、自宅のテレビアンテナケーブルに接続し、Wi-Fi経由でテレビを見る方法です。
自宅メインに見る方やBS・CS放送、録画した番組をみたい方はこちらになります。

では、もう少し詳しくみていきましょう。

持ち歩きタイプのテレビチューナー

個人的にオススメなのが、この方法。
手軽に使えて通信データ量を使わないのが特徴です。

iPadに、このチューナーさえあれば、テレビを買う必要もないですね。
みんなでワイワイとサッカーなどのリアルタイム観戦もできます。

ただ、自宅でテレビを見るのが少し苦手。
建物の構造によっては、通信が不安定になります。

また、ワンセグだとiPadのような大きくてキレイな画面では、どうしても画質が荒くなってしまいます。
なので、フルセグ頼みのところがあります。

メリット
データ通信量の心配なし
手軽に使える
リアルタイムでも見れる

 

デメリット
室内は感度が悪い
ワンセグだとフル画面はキツイ

 

接続するだけ!フルセグを楽しめる【XIT-STK200】

TVチューナーといえば、ピクセラ。
iPadに接続するだけで手軽に楽しめます。

電波が強ければフルセグ、弱ければワンセグに切り替わるので便利。
iPadからの直接給電で充電不要です。

現時点で接続タイプのTVチューナーなら、ほぼ「これで決まり!」といっていいほど。

Wi-Fi通信でかさばらない【400-1SG003】

「どうしてもiPadに直接接続するのはイヤだ」という方は、Wi-Fiで接続するタイプのコチラ。
本体も小さく持ち歩きにも便利。アンテナ付で受信が弱い自宅内でも活躍します。
フルセグのこのタイプはなく、このチューナーもワンセグのみなのが少し残念。

自宅に機器を設置する方法

自宅にテレビチューナーを設置して、インターネット経由でテレビを見る方法。
ネットを利用するので、自宅はWi-Fi環境の必要があります。

直接TVチューナーを接続するわけではないので、持ち歩く必要なし。
自宅内でも安定した通信で快適に見れます。

ただ外で見る場合、データ通信量がかかってしまいます。うまくWi-Fiがある場所を利用したり、大容量プランを契約しましょう。

ワンセグ/フルセグチューナーは自宅内だと通信が不安定になることがあるので、「自宅内でも楽しめれば!」というユーザーなら、コチラの選択肢もアリ。

メリット
録画した番組
CS放送がみれる
ネットがつながるところなら海外でも
自宅ならTVチューナーよりも安定

 

デメリット
見るのにデータ通信量がかかる
自宅がネット環境の必要がある
設定が必要

 

どこでも!ワイヤレスTVチューナー【B07DZ93L43】

家にあるルーターとTVアンテナを利用して、様々な端末でテレビを楽しめるのがワイヤレスTVチューナー。
ネットがつながる場所ならどこでもテレビが見られます。
この方法だと地デジはもちろん、BS/CSも見ることが可能。 別売りの外付けハードディスクをつけることで録画も可能。

画質は見ている場所のネット環境によります。

リーズナブルな自宅専用【SB-TV02-WFPL】

自宅だけで楽しみたいのであれば、自宅専用のTVチューナー。
価格も安く購入できるのが魅力です。

これで寝室やリビングなどWi-Fiの範囲内ならどこでもテレビが楽しめます。
すでに生産は終了していますが、まだ販売はしています。

自宅の家電を利用する方法

自宅にあるテレビやブルーレイレコーダーから外でもiPadでテレビを見ることができます。
この場合、「対応機種であること」「ネット環境であること」が必要条件。

メーカーによってもできる・できないがありますが、主要メーカーであれば、「ライブ配信」「録画番組の視聴」「番組の持ち出し」ができます。
この方法は、条件が揃っていれば初期費用をかけずに利用できるのが魅力ですね。

メリット
録画した番組が見れる
録画番組をiPadにダビングできる
CS放送が見れる
条件がそろえば初期費用0円で利用できる場合も

 

デメリット
対応機種が必要
外だとデータ通信量がかかる
自宅がネット環境の必要がある
設定が必要

 

主要メーカーの対応状況

使える機器、利用料金は、メーカーによって様々です。
ここでは主要メーカーの対応状況をまとめました。

パナソニック
「どこでもディーガ」
https://panasonic.jp/diga/apps/tv.html

対応機種であれば、テレビでもブルーレイレコーダーでも場所を問わず見ることができます。
専用アプリ(無料)のインストールが必要。
録画番組の早見機能は、プレミアム会員(月額:300円(税抜))のみ利用できます。

ソニー
「家じゅうどこでも視聴」 / 「外からどこでも視聴」 / 「ワイヤレスおでかけ転送」
https://www.sony.jp/bd/products/BDZ-FW2000_1000_500/feature_4.html

ブルーレイレコーダーのみ。
対応機種であれば、家からでも外からでも見ることができます。
ただし、レコーダー内蔵のテレビであれば、家のみで利用可能。
専用アプリと有料のプラグインを購入する必要があります。

初回:600円(税込)

東芝
「スマホdeレグザ」
https://www.toshiba.co.jp/regza/bd_dvd/lineup/br-t08/anytime.html

対応機種であれば、テレビでもブルーレイレコーダーでも場所を問わず見ることができます。
株式会社デジオンが提供するアプリ「DiXiM Play」をインストールする必要があります。
このアプリは、無料で何回も、1分間のお試し再生ができますが、利用にはDiXiMストアでライセンスの購入が必要です。

月額プラン:108円(税込)
買い切りプラン:1,404円(税込)

シャープ
「外からリモート視聴」「Wi-Fiダビング」「リモート予約」
https://jp.sharp/bd/feature/renkei_sp/

自社オリジナルのサービスは提供していません。
ただ、アプリをそれぞれインストールすることで、iPadでも利用できるようになります。
外でテレビを見たい場合には、「DIXIM digital TV」という有料のアプリが必要です。

960円(税込)

どのメーカーがオススメ?

改めてみると各メーカーで対応状況が様々であることが分かりました。

この中で優秀なメーカーはパナソニック
ほとんどが対応していないテレビでも対応機器が多く、自社で提供しているアプリの評価も高いです。

他メーカーであれば、アプリに左右されるサービスなのか、使えるユーザーと使えないユーザーの評価が真っ二つに割れています。

どこも料金が発生しますが、パナソニックは一部の機能のみが有料ですから、使わなければ実質無料。
この点もポイントが高いですね。
もう少し詳しく見る

アプリで見る方法

先ほど、自宅の家電を利用して外からでもテレビが見れる方法を話をしましたが、対応機種が必要でした。
しかし、「自分のブルーレイレコーダーは対応じゃなかった・・・」という方も多いのではないでしょうか。

それでも、まだ望はあります。株式会社デジオンが提供する「DiXiM Play」「DIXIM digital TV」というアプリです。

どちらも有料ではありますが、これでメーカーが提供するサービスに頼らずiPadでもテレビを見ることができるようになります。

「多少なら有料でもいい!」というユーザーは、参考にしてください。

2つの違いは

「DiXiM Play」「DIXIM digital TV」の違いは、販売体系です。
また、接続確認済み機器にも多少の違いがあるので、1つがダメでも、もう1つも確認するようにしましょう。

DiXiM Play
販売場所
App Store

販売価格
本体:960円
App内課金『宅外視聴プレミアム』480円

対応機器
https://www.digion.com/sites/dtvi_j/compatibility/?show=server

DIXIM digital TV
販売場所
DiXiM Store

販売価格
買切りプラン:1404円
月額プラン:108円/月

対応機器
https://www.digion.com/sites/diximplay/ios/?show=server

どちらが良いのか

このアプリを試してみるなら、DiXiM Playがいいでしょう。

理由は、1分間のお試し視聴ができるから。
これだと購入する前に外での受信具合など分かるから。

家の中だけで利用する場合は、DIXIM digital TVの方が安いですが、こちらを利用する場合でもDiXiM Playで一旦お試ししておくと失敗しません。

ライセンスを購入しないとフル機能は使えないので、まずは、DiXiM Playでお試ししましょう。
そして使えると思ったら、ライセンスを購入するか、DIXIM digital TVを購入するか、お好みで選んでみてください。

まとめ

TVチューナーが内蔵されていないiPadでも、テレビを見る方法はいろいろあります。
それぞれに特徴があるので、自分の目的に合ったものを選びましょう。

直接接続か設置タイプかのTVチューナーを購入が手堅いとは思いますが、条件さえ揃っていれば、ブルーレイレコーダーも初期費用が掛からないので、ダメ元で試してみてもいいかも。

アプリ購入は通信が不安定ですから、あくまで最終手段です。

タイトルとURLをコピーしました