登録不要!iPadでリモート飲み会を楽しめるオススメアプリ

自宅待機、ステイホームと家に居る機会も多くなり、なかなか飲みに行く機会も減りました・・・

世は自粛ムードで、飲み会なんで雰囲気ではないという中、オンラインでの家飲みで集まる方々が多くなりました。
今やスマホ1つさえあれば、簡単に集まることができるリモート飲み会。これにiPadを利用しない手はありません。

できなかった歓迎会や久々の友達との飲み会をiPadで楽しみましょう。

なぜiPadがリモート飲み会向きなのか?メリットは

スマホでは画面が小さく、参加人数が多くなるとさらに細かく表示されます。長期間の飲み会であれば目や首がつらくなってきますね。
また、パソコンであればカメラやマイクの準備、起動してアプリ立ち上げて・・・と手間がかかります。

その点、iPadは画面もそこそこ大きく、起動も速いし、すでにマイクやスピーカーも備わっていますのでiPadさえあればすぐに飲み会を開催できます。

オンライン飲み会向きのツールは

オンライン飲み会で重要なポイントは、開催者と招待者の関係。
開催者が何のツールを利用するかで、参加者の負担が変わってきます。
例えば、LINEの場合で言えば、参加できるのがアカウント登録をして友達と認証した人のみが参加できるシステムです。
LINEを利用していない人は少なそうですが、もし、開催者がLINEで開くならアカウントを登録してもらわなければいけません。
「このアプリのアカウントを作っておいて」と気軽に言える関係性であれば問題はありませんが・・・

そこで、今回は、

  • 開催者のみツールを利用して、参加者はブラウザによるURLの共有
  • 開催者も参加者も登録なし

という条件のツール縛りがないものを紹介します。

ZOOM(ズーム)

公式サイト:https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

自宅待機によるWeb会議アプリとして知名度が上がったZOOM。シンプルで使いやすいアプリです。
ZOOMの強みは、映像と音が安定しているのでストレスがない事です。
無料プランでは最大100名まで参加できて、一画面に最大4名まで表示できます。スライドすればさらに表示を切り替え可能。
問題は、無料版だと40分の時間制限がある事。とはいえ一度閉じて再度開催すれば、再度40分間利用できます。何度でもOK。

招待された方は、アプリをインストールしなくてもブラウザからの拡張機能で使えるので登録不要。
でも、今後も利用するようであれば、インストールがおすすめ。

○何人でも比較的通信が安定
○シンプルで使いやすい
×時間に制限(無料版40分)
×アプリのインストール

Whereby(ウェアバイ)

公式サイト:https://whereby.com/

開催者だけ登録しておけば参加者は登録不要のWhereby(ウェアバイ)。とにかく手軽に利用できるアプリです。
世界有数の電話会社が開発したツールだけあって、画質や音声はとても良い。さすがWeb会議でも使われるだけのアプリです。
参加者は、開催者の招待メールのURLを共有するだけ。大きな負担がありません。
利用する場合は、英語表記のWEBサイトからなので始めのうちは慣れが必要かも。
最大50人まで参加可能。ただ、無料プランだと4人までなので、大勢の飲み会というよりは、「少人数の気の知れた仲間としっぽり飲む」なんて使い方がピッタリのような気がします。

○音質がいい
○参加者は登録不要
×無料プランは4人まで
×画面共有が20分と制限あり

たくのむ

公式サイト:https://tacnom.com/

誰でも手軽に利用できるのが「たくのむ」。主催者側もアプリ・登録不要で使えるサービスです。
使い方は一緒に飲む相手に招待メールを送るだけ。招待された相手は送られてきたメールに書かれてあるURLを共有するすればOK。開催者も登録不要ですから、今すぐにでも飲み会ができますね。
しかも、時間は無制限。最大7人まで無料で同時通話可能になっています。(現在は12人の無料キャンペーン中)
パソコンからだけの利用が顔や背景を加工できる機能が使えるようになっています。
映像の画質や声の音質は、LINEやZoomのほうが一枚上手。画質が粗くて表情が分からなかったり、声がこもって聞こえてしまったりする場面がよく見られます。

○とにかく手軽に利用できる
○時間制限なし
×人数が増えると通信が不安定に
×アプリのインストールなし

Messengerルーム

公式サイト:https://www.facebook.com/

FaceBookが新しく提供したビデオ通話サービス「Messengerルーム」。始まったサービスですが、評判は良いです。
FaceBookの登録者でなければ使えないイメージが強いですが、アカウントがないユーザーも参加できます。
時間も無制限で利用可能。参加者は最大50名まで。
利用するデバイスで使える機能が異なり、パソコンでは画面共有、とスマホではエフェクトやスクリーンショットが使える。
通信も安定しており、セキュリティ面も強化とまさにZOOMを意識した作りになっています。
新サービスですから、本格的な評価はもう少し先になりそうです。

○何人でも比較的通信が安定
○時間制限なし
×録画機能がない
×エフェクト機能はスマホだけ

Zoom・Whereby・たくのむの無料プラン比較

まずは、特徴をまとめてみたので比較してみましょう。

  開催者
登録・インストール
参加者
登録・インストール
参加人数 ギャラリー表示 時間制限 通信 加工
ZOOM 必要 どちでもOK 最大100名 最大9名 40分 ×
Whereby 必要 なし 最大4名 最大4名 なし  
たくのむ なし なし 最大6名※ 最大6名※ なし × PCのみ

※キャンペーン中で12名までになっています。

こうしてみると、大人数に向いている「ZOOM」、少人数なら「Whereby」、とにかく手軽な「たくのむ」という特徴が見られます。

大企業の会議でも使われているだけあって、さすがの安定感があるZOOMですが、時間制限があるのがイタいですね。
また、参加できる人数と画面共有に制限がかかるWhereby。
誰とでも気軽に使える「たくのむ」は、通信の安定が悪く画質や音声がイマイチ。とそれぞれ一長一短ですが、集まる相手や人数、時間によって使い分けるのも一つの手ですね。

まとめ

今回は、リモート飲み会によく利用されている人気の3サービスを紹介しました。
どれも有名どころですから、すでに利用していた方もおおいのでは。ないでしょうか。

スマホを利用するよりは、iPadの方が見やすいのは一目瞭然です。
特にLINEの場合は、iPadの方はギャラリー表示が3人も多く表示できます。

スマホにはLINEを入れるけど、iPadには入れていないという方は、これを機会に入れてみるのもいいかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました